石鹸皿

ぬるぬるする

オタクフォトグラファーの推し遍歴

前回の記事

hnm.hateblo.jp

 に引き続き、オタクカミングアウトついでに色々細かいこと書いていこうシリーズです。今回は推し遍歴について書きます。ただ私は一人推しができると結構長期間推すタイプなので、歴代推しは少なめです。

 

いまトピさんのインタビュー

「被写体」としての2PM・チャンソンが沼への入口 :川合穂波(写真家)【K-POP沼にハマった人たち 第2回】 - いまトピ

でもお話させて頂いたのですが、K-POP以外の具体的な推し(特に現推し)に関してはあんまり語らなかったので、そこに言及しま〜す。

 

初めての推し

これはインタビューでも書かれてますけど、Gacktさんです。小6の時です。テレビでOasisのシングル発売のCMを見てハマりました〜初めて自分で買ったCDで、初めて行った現場もGacktのツアーでした。当時はMVは公式で出てるVHSを購入して見たり、ケーブルテレビに加入してからはスペースシャワーTVで録画などして何度も見てました!アナログ!!


Gackt - Oasis (2000-02)

いい曲だ〜〜〜単純に歌が上手い!喉が強い!!

  

次の推し

次にハマったのが、マリリン・マンソンのドラムのジンジャー君です。中2くらいから。いじられキャラ(いじられってレベルじゃねーぞ!)が好きっていうのもうここから始まっている…。マリリン・マンソンについて説明しますと、アメリカのバンドでボーカルがマリリン・マンソンなんですがバンドも同名で、メンバーはコロコロかわるんですが基本ボーカルのマンソン本人とギター・ベース・ドラム・キーボードの5人編成です。私のハマった当時は映画マトリックスの主題歌にロックイズデッドが使われて、結構キャッチーめ(?)なときでしたね。なので自然にマリリン・マンソンの存在は知ってて、クラスのメタル好きの男の子にマリリン・マンソンってバンドなの知ってる?って言われて、他のメンバーがいるのか!と調べたところジンジャーにハマったのが最初だった覚えが。


Marilyn Manson - rock is dead (Original) HD

この頃は相変わらずMTVを観たり、パソコン(windows98)で情報を収集したりしていました。あとたまに東京に行って、西新宿のブートレグショップで海外の誰かがライブ撮影したVHSを買ったり(K-POPのファンカムみたいな…)自分で話してて凄い昔の感じがする…YouTubeは革命ですよ。

ドラムのジンジャー君はメンバーにステージでは楽器を投げつけられ、楽屋でもなぜか頭からケチャップとマスタードをかけられたりしていました。何度か骨折してたんですが、私の記憶では?ドイツのロックアムリングでステージから落っこちて全身複雑骨折して、バンドを抜けてしまいます。そこでやむなく推し変しました(だけど一回戻って来たときのライブは行った)。


Marilyn Manson - This Is The New *hit

1:23あたりでメイクさんにベロベロされてるのがジンジャー君

現在のジンジャーはマンソンで同僚だったジョン5と一緒にロブゾンビにいます。なんかこの界隈(マンソンとかNINとかスマパンとかtoolとかロブゾンビとか…あとKMFDMのティムも一時期いたし)ではボーカルは固定だけど他のメンバーは界隈内で普通にぐるぐる交換する傾向にあって、私は割と界隈全体的に聴いてたんで、ほぉ〜今きみはここなんだねえ〜くらいのテンションでした。ロブゾンビも昔から聴いてたので来日してくれたら観に行きたいな〜。ほんとまだ界隈にいてくれるの嬉しい。

あとこの時期からの影響で、未だに美形がするブラックヘア(ドレッドとかブレイズとかのアレ)が好きっていうニッチな趣味が。KORNとか全員いろんなタイプのドレッドだったりしたよね〜っていう…懐かしい。


Korn - A.D.I.D.A.S.

未だにアディダスといえばKORN

余談ですが、中学生くらいにハマったものって多分一生好きなんですよね。今でもA Perfect CircleやToolやNine Inch NailsRammsteinを聴いてます。あとDavid Bowieが私の神様です。2004年に最後に来日したんですが、当時地方の高校生で学校サボって行かなかったの未だに後悔してます。現場大事!!

 

人生最高の推し

中学高校大学とずっと洋楽バンドのオタクをして大枠ロックバンドであれば何でも聴いていたんですが、高校1年くらいのときにハマったのがThe Usedのギターのクインさんです。多分こんなにハマるグループも推しも、今後現れないだろうなってくらい好きでした。ハマった当時クインさん20代前半だったと思いますが、私の推しスタイルが形成されましたね…。The Usedというのはユタ州出身のバンドでボーカル・ギター・ベース・ドラムの4人編成です。テイストオブインクのMVを観てもらえばどんなバンドかというのが端的にわかるんですが

youtu.be

ユタの保守的なド田舎でバンドを始めた若者!だけど自分たちを受け入れてくれる場所がない!現実にもボーカルのバートはうつ病で引きこもったり、クインも家を出てフラフラしたりしておりました。比較的理解のあるジェフの家のガレージで録音したデモテープを、ブランデンがゴールドフィンガーのジョン・フェルドマンに送ると、そこから彼らのシンデレラストーリーが始まるのでした…(?)。

ドキュメンタリー映像で、メンバーがジョンに呼ばれて初めてLA(だった気がする)に行って、初めて海を見るシーン 最高〜!若者が頑張ってるの最高…!!色々ありながらもバンドはデビューし、世界的に活躍するようになります。途中ブランデンが憧れのバンドであったランシドのドラマーに抜擢され、メンバーチェンジがありましたが、他のエモ系バンドがマジで色々ある中(特にロストプロフェッツ…)割とコンスタントに活動をしてくれております。

私の推しのクインさんは性格は気のいい兄ちゃんって感じ。あと顔がめちゃめちゃにかわいい!めっちゃかわいい!うさちゃん!!私は実際うさぎを飼いだしクインと名付けました(痛オタ)。クインさんにハマったきっかけあんまり覚えてないんですけど、やっぱMTVとか見ててこの金髪の人かわいいーーー!ってビジュアルから入りました。


The Used - All That I've Got (Video)

このMVはちょいエモゴスって感じでかわいい。監督はその後映画の世界に進出してアメスパとか撮ったマーク・ウェブです。当時どれもこれもマークが作ったMV!くらい人気だった…。あとこの曲はバートが飼っていたデイビッド・ボウイというチワワの子犬(は?)が車に轢かれて死んじゃったのを悲しんで作った曲だという。名前!

あとクインさんは結構気の強いとこもあり、ライブ後駐車場でサインしてたら警察に文句言われてファンがどつかれたので怒ったら捕まる→パトカーでわざと漏らす→留置所で全裸にされて自分たちの曲流されdisられ嫌がらせにあうという事件は有名(?)。

日本では有名なグルーピーとむっちゃ仲が悪かったり、日本大好き(後に日本人と結婚する)ジェフと違ってあんま日本媚びもしないので、怖そう〜とか言われてたんですが、私はめちゃめちゃ良くしてもらいました…。

たまにしか来日しないんですが、何年も前に話したことを覚えてくれてたり、私の絵を褒めて送ってほしいって言って来たり、私が推しと一緒に仕事したい系のオタクになったのも、クインさんのおかげでもあります。

そんな人からなぜ推し変してしまったかというと、クインさんは私が大学4年のとき最後に来日したんですが、結婚してバンドをお休みしてSaosinのジャスティンがサポメンになりました。クインさんがバンドに戻ってくることを期待していたのですが、そのまま脱退してしまったのです。現在はなんと嫁とバンドをやっている…!!!

クインさんの嫁はミーガン・ジョイという、アメリカンアイドルに出ていたシンガーソングライターです。私は推しの顔が大好きなので、極力似た感じの相手と結婚して、そっくりな子供や孫に囲まれて幸せになってほしい…と本気で思っているんですが、ミーガンはクインさんと顔の系統一緒だし、ミーガンの連れ子も可愛いし、これは夢が叶ったわ(実際二人の子供も可愛い)!!とそこは大満足なんですけど、嫁とのバンドはインディーズ?だし地元のイベントとかに出てらっしゃるので、推しに売れてほしい人間としては、遠くで(インスタを通して)見守るしかない…!すまん。

 

アイドルの推し

そしていまトピのインタビューでもお話ししたチャンソンにハマります。チャンソンが涙こらえてる動画というのは、デジタルミュージックアワードのプレゼンターをしたときです。これや〜〜〜〜〜〜〜


100301 SSTV 2PM Junho & Chnasung @ CDMA

あーーーチャンソン…かわいそうかわいいの境地…これで完全にハマりましたが、それ以前は推すというよりゆるいK-POPリスナーでした。

あんまり身近に同じバンドが好きな友人とかは居なかったですが、ネットで音楽ファン同士で交流して、私も中学からの知り合いで未だに交流があったりします。ありがたいことに。最初は一人でMTVを見て好きなものを探していたのですが、友達に布教されて何かにハマるようになりました。

高校まではたまの遠征で会うだけだった東京の友人たちとも、大学から上京したので頻繁に会えるようになったし、K-POPも音楽好きの友人との交流のおかげ(と大学の韓国人留学生の友人たちのおかげ)で聴くようになりました。アイドルにハマるのもアジア人にガッツリハマるのも(Gackt以来)初だったので、とにかく色々新鮮でした!

最初はショリショリブログを読んで情報収集してました。ショリショリに貼ってあった2PMのこのパフォーマンスが本当衝撃だった(9:00〜見てほしい!ステージ上にシャワーが!?)


[090828] 2PM - Again & Again + I Hate You

The Usedからそうなんですが、二十歳前後の子達が苦労してこれから売れようと必死に努力してる様を応援するのが好きみたいです。

あと私は推しに売れてほしい見守りたいし支えたいオタクで、どっちかというと売る方の目線になってしまうので、2PMに関しても2PMというグループ単位を超えて、JYP箱推しのオタクです。むしろグループとしては2AMを積極的に追っていたかもしれん。2AMと2PMの合わせてONEDAYがとにかく好きでした。そして社長のパクチニョンが作る曲が好き。サビで盛り上がりすぎない曲が洋楽っぽくて好きだし歌詞もユニークなものが多い。それとWonder GirsにMiss AにTwiceと、女の子グループを作る才能が本当にすごいんですよ…JYP女子最高。

JYPのアイドルは皆国籍も顔も体型もバラバラで自由で良いです。揃ってる系のアイドルも綺麗なんですけど、ワチャワチャのびのびやってるのが好き!ただ本人たちの自主性に任せた結果結構みんな巣立って行っちゃう…韓国アイドルのサガ。


[Teaser] 2PM+2AM 'Oneday'


映画『Beyond the ONEDAY ~Story of 2PM&2AM~』 12.21 ON DVD【公式】

以前日本ではOnedayのドキュメンタリー映画作ったりCDも出したり、ソニー様本当にありがとうございます!!最高でございます!!感謝しかない!!ちなみにチャンソンは映画の撮影時に風邪をひいてめちゃめちゃ体調悪そうに映っている。大事な時に体調が悪くなりがち。


JYP Nation "This Christmas" M/V

最高しかない。JYP好きだ!!しかしこの映像に出てるので残ってるグループが2PMしかいないし、殆ど皆他の事務所へ行ってしまいました…諸行無常(?)

韓国のアイドルは兵役があったり俳優目指したり事務所移ったりで、そんなに何十年も推すのが難しい部分もあります(洋楽ののんびりペースに慣れてたので尚更ショック)。韓国の男アイドルはよくSMAPみたいにずっとグループを続けたい!って言ってたんですけど、ついにSMAPも解散したわけで、やっぱり観れるうちにできるだけ観た方がいい!後悔しないように!

2PMは今メンバーが徐々に兵役に行きだして活動休止中です。私の推しのチャンソンは俳優寄りの活動をしていて(色んな役をやってくれるのももちろんうれしいけど)、ソロで音楽活動が無いので、K-POPを通してダンスの素晴らしさに目覚めた私は寂しいのです…踊ってくれー!!待ってるぞ!

 

ジェネリック推し

そして現推しの話をします。いまトピのインタビューを読んで下さった方も、ジェネリックチャンソンってなんや!と思ったかと思いますが、別に隠してはないんですが、本人らがSNSをめちゃめちゃエゴサするので、ツイッターではフワッと伏せています。

推しは2人いる(!)のですが、どっちもEXILEの事務所ことLDH所属の子です。最初は周囲の耳の早いオタクたちがLDH面白いのでは?と気付きはじめました。あとK-POPと違って滅多にメンバーの脱退しない世界(重要)。

私はというと母が昔からEXILEのファンなので、曲は知ってるしHIROさんがまだパフォーマーだった頃に一度ライブに行ったこともありました。アメリカのバンドや韓国のアイドル(の中でもそれほど演出が派手ではないグループ)ばかり観ていたので、ま〜〜〜ステージ演出やらなんやらがすごすぎて、これがエンターテイメントか!!!!!!となったのを覚えています。

割と肯定的ではいたんですが、周囲に三代目や勧められてもいや〜なんかお金かかりそうだし?大変そうだからあんまりちゃんと見るとやばいかも?とかなんとか言ってのらりくらりしているうちに、あのプロジェクトがはじまりました。

そうです、ハイロー(HiGH&LOW)です。


映画「HiGH&LOW THE MOVIE」CAST&STORY

私は基本家にいる間は寝ている時でもテレビをつけていまして、基本チャンネルは日テレで固定です。観てるというより流してる感じなんですけど、深夜になんかEXILEのドラマがやってるな…?という意識はありました。

そして映画HiGH&LOW THE MOVIE(通称ザム)が公開され、インターネットのおもしろ映画オタクたちがハイローの話をしだしました。私もこれは観にいきたいなと思ったんですが、舞台挨拶の記事写真などを見てて、めっちゃ可愛い子がいることに気づいてしまったのです。

m.tribe-m.jp

それが劇団EXILEの末っ子、佐藤寛太くんです。(ハイローではテッツ役)

寛太くん自体はSNSやってないんですけど、テッツのインスタというものがあります。

www.instagram.com

ハイローの相方(?)のチハルのインスタもある。

www.instagram.com

いやチャンソンの10代の頃にそっくりじゃないですか…!!言ってよ皆…!?色白か色黒かの違いくらいしかない。2Pカラーか🙄

しかも掘り下げていくと中身も割とチャンソンに似ていてめっちゃ推しやすいことに気づきました。パラレルワールドのチャンソン(?)日本に生まれて俳優のままデビューした色黒バージョン(チャンソンさんは2PMデビュー前に俳優デビューしている)。


『恋と嘘』予告編 ★10/14公開!!

この恋と嘘は最近なので内容前後するんですが、本当にあまりにも顔がかわいい〜〜〜キラキラ映画仕様のもかわいいし、ハイローでは当初ドレッドだったんですけど、私は前述の通りメタラー時代に綺麗な顔の子がブラックヘアにしてるのがたまらんという症状を患ったのでそこも最高でしたね。

でもまだまだここで終わりませんでした。

 

ザムでハイローに普通にハマった私は、友人とハイローのTHE LIVE(通称ザラ)のライブビューイングを観に行きました。


HiGH & LOW THE LIVE DVD/Blu-ray 〜Teaser〜VOL.2

ハイローのアルバムを聴きこんでいたし、実家で一通り各グループの曲も聴いて知ってるし楽しかったです。唯一パフォーマンスを初めて観たのが、EXILE一族の新人のTHE RAMPAGEでした。

このTHE RAMPAGE(ランペ)に関しては友人数人から勧められていましたが、いや16人て〜!と思っていました。K-POPオタク時代もボーイズグループは7人くらいまでがベストだと思っていて、二桁になってくると覚える気力が…。代々木公園でやってた武者修行ファイナル公演にも通りすがって、でも人がいっぱいいてちゃんと観ず帰っちゃったんですよね。


THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / 「GO ON THE RAMPAGE (Document Music Video)」

ランペはザラでハイローアルバムに入っているGENERATIONSとのUnbreakableと、FIND A WAYという曲をやったのですが、ボーカル3人の声がそれぞれに個性があって、オッ!と思いました。特にセンターの川村壱馬くんの声が特徴的で、LDHのボーカルで一番好きかも!となりました。

元々音楽が好きなので、歌ったり踊ったりしてるのが観られる現場最高!2PMが活動休止してしまって現場がないよ〜と嘆いていたので、ライビュだけじゃなくてザラも現場行けばよかったなと後悔しました。

次にランペを観れる機会がEXILE THE SECONDのWWWツアーでした。ほにゃぴの絶対好きになる子がいるから観に行った方がいいよ!と散々言われて滑り込みで参加。遠くの席からどれどれ〜と双眼鏡で覗いたところ、天使がいました(大丈夫か?)


「an」×THE RAMPAGE“人はバイトで大きくなる”鈴木昂秀篇

天使です(断言)

寛太くんは清楚系小悪魔(?)なんですけど昂秀くんは天使。性格のいい黒ギャル。

友人のえるたまが2014年の時点で既にランペに目をつけていて

otapol.jp

私は昂秀くんが気になるかな〜と思ってから約3年越しでハマる。でも私青田買いできない(MVとか見ないと判断できない)ので2、3枚CD出したくらいのタイミングがいつもベストな気がする。


THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / Debut Single「Lightning (Music Video) 」

デビュー曲です。ブラックヘア良き〜〜〜

あと16人思ったより全然すぐ覚えられたんですよね。日本の子は顔がバラバラだから韓国のアイドルよりも簡単だった。あと名前も。大所帯グループにハマるの初だけど、16人もいてもやっぱ16人必要だわ!!と思う。尊い〜。

あと曲も凄くいいです。いままで推してるグループと聴いてるグループが結構別だったんですけど、ランペは聴いてます。2枚目のシングルのカップリング曲Knocking Knockingが一番好き。曲の構成がめっちゃいいので本当はフルで聴いて頂きたい🎧


THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / Knocking Knocking (Dance Video)

 

2PM活動休止でしおしおになっていた私ですがおかげさまで2人の推しができ、周囲からもほにゃぴが目に見えて元気になった!と言われました。現場があるっていいですね!

なんと明日からTHE RAMPAGE初の単独ツアーが始まるよ!!!

m.tribe-m.jp

 

あと私のクラウドファンディングが今日までなんだな(忙しい)

よろしくお願いします!

f:id:dulzin:20131118151442j:plain

写真家 川合穂波 初作品集「Symbolisme」制作プロジェクト 象徴が紡ぐ物語 | GREEN FUNDING by T-SITE

 

またLDHやハイロー絡みのブログ書きにきま〜〜〜す

THE RAMPAGEの紹介エントリーがあんまない(K-POPオタクなのでメンバーはオタクの紹介ブログで覚えるのが慣例)のでメンバー紹介とか書きたいです。では。

 

 

オタクがプロのフォトグラファーになった話

ほにゃぴ〜です。このブログの方針を決めかねてまた放置していました🤔💦ですが先日取材を受けまして、インタビュー記事を掲載して頂いたんですよ。

ima.goo.ne.jp

このインタビューで自分のオタク部分をカミングアウトしたので、いい機会だと思って、オタク関係を中心に私の考えていることなどを書いて行こうかなと思いました。

 

最初のテーマなんですけど、インタビューでも話のメインになっている、フォトグラファーになった経緯みたいなところを、細かめに書きたいと思います。インタビュー記事ではわかりやすいように編集して頂いてるんですが、実際の私はもっとめちゃめちゃ拗らせたオタクなので…。

 

経緯に関しては現在行なっているクラウドファンディングにも書いています

写真家 川合穂波 初作品集「Symbolisme」制作プロジェクト 象徴が紡ぐ物語 | GREEN FUNDING by T-SITE

 

いまトピのインタビューでは主旨的にチャンソンが撮りたい一心で商業を目指したって書いて頂いたんですが、正直言うと商業的な道に進んだのはもういくつか理由がありまして…

・タレント撮影がしたい(推しを売りだす側にまわりたい)

・写真のテクニックを磨きたい

・家業を継ぐのに自分が向いていない

の大きく3点がありました。

 

一つ目に関しては、私は基本的に推しに売れてほしい!って思っているんです。昔から雑誌を集めては、このビジュアルはいいな〜とかこっちはいまいちだな〜もっとこういうテイストで撮ってほしいな〜と思って、自分でファンアートを描いたりしていました。

売れて貰ってできるだけ多くのビジュアルや音楽などで、推しの記録を残したいんですよ。筋肉少女帯のリテイクっていう曲があるんですけど、推しの人生もまるごと映画にしたい!という感じ。二次元でも三次元でも公式の供給って大事。

漫画も好きなんですけど基本三次元のオタクなので、推しも歳をとります。その時々の最高の姿が見たいじゃないですか〜〜〜っていう。

私は中学生〜大学生までずっと洋楽のロックやメタル系のバンドのオタクだったので、NMEとかKERRANG!(海外の雑誌)を買っては絵を描き、MySpaceFacebookの前に流行ってたSNS)で情報取集してバンドに作品やメッセージを送りつけたりしていました。


A Perfect Circle - The Doomed [Official Video]

多分全ての音楽ジャンルで人生で一番聴いてるアーティストはA Perfect Circleです。インダストリアルのあのへんのバンドの中でもメイナードの歌声が一番好きで、Toolよりも聴きやすいので。暫くリリースお預けで2013年にベストを出してそれ以来また4年待ってこの新曲が先月出ました!このくらい洋楽追うのは忍耐が必要…。

それと洋楽のバンドの来日公演でも、ミーグリ(Meet & Greet、K-POPLDHで言うとこのバクステ)とか入待ち出待ちで本人たちに会えたりするので、そこで作品を見せることもありました。

実際のところ一緒に仕事したい系のオタクってレアなんですけど、何人かの知り合いは、自分の作品が好きなバンドのアートワークに使用されていました。成功したオタク!そんな状況を見ながら、美大に通いつつ研究と制作を続けていました。

学部生時代はあまり将来のことを真剣に考えていなくて、卒業制作で精魂尽き果てたのでのんびりしてたんですが、そのタイミングでチャンソンにハマりました(詳細はいまトピのインタビューで)。その後は大学院に進学してチャンソンも追ってたんですけど、人生で初めてアイドルにハマって、最初は外タレだったのが日本デビューもして、当時はまだかなりK-POPブーム真っ只中だったので、2PMも雑誌・広告・TV・映画など露出が多くありました。


【CM】 2PM 韓国黒酢フッチョ 「フッチョが飲みたい」篇 30秒

懐かしの2PM酢のCM

ここでやっと、その道に私も進めば一緒に仕事ができるのでは?と思いだしました。業界知識もさっぱりだったので、周囲のカメアシ経験者や出版関係の友人に話を聞きました。その一方で自分の作家性も大事にしたいな〜などと考えてもいたので、どこに身を置くかは結構迷いました。あと自分が今から目指して商業で仕事できるフォトグラファーになって、そのころ2PMが日本でバンバン出てるとも限らないな!?という懸念もあり。

商業写真といっても、広告・出版・web・他にもブライダルなど日本では結構ジャンルで分かれてるんですが、単純に2PMの撮影をよくやってらっしゃるフォトグラファーの直アシになるか?雑誌が好きだったので出版に行くか?など悩んだんですが、自分の一生の仕事にしたいと思ったのと、常にできるだけ選択肢の大きい道を目指すというポリシーがあるので、まず広告の道に進みました。

 

二つめの理由である写真のテクニックに関しては、かなりシンプルかつ強い理由です。私は高校までは公立の普通科に通っていました。高校1年の時に色々考えたのですが美大に行きたいなと思って(高校では大反対されたんですが)、美術予備校に通い出しました。

専攻に関しては前述の通り、音楽のアートワークの世界に憧れてたので写真や映像をやりたいと思っていて、しかし私立に行く余裕は無いのでなるべく写真やれそうなとこはどこかな〜と考えていました。デッサンなどもやってましたが、結局予備校の先生に勧められて東京藝大の先端芸術表現科と、愛知県芸のデザイン科を受験しました。藝大受けることに決めたところ、高校の担任と揉めまくって最悪の状態になりました(この話どっかで絶対したい…)。

結局愛知県芸に落ちて東京藝大に受かったので先端芸術表現科に通い出したんですが、ここはコンセプチュアルアートとかインターメディアアートをやる(毎回経歴説明するときにうまく説明できない😂)ので、つまり表現したい内容(コンセプト)がしっかりしてればどんな手法(メディア)を使ってもいいよという学科です。因みに世界的なデザイナーでマイルスのCDジャケットやビョークのMVを作った石岡瑛子さんとは入れ違いのタイミングで入りました。ご存命のうちに一度お会いしてみたかった…。


Bjork - Cocoon


The Fall Trailer - Tarsem (2008)

石岡さんのお仕事。自伝に書かれていたコッポラ版ドラキュラ撮影時のエピソード(ゲイリーは最高でキアヌはキモい等)は笑った。

先端には学部大学院含め8年くらいお世話になりまして、人生でも最も自分を形成できた貴重な時間でした。しかしそれでもテクニック面での専門性に関しては、自分の中ではあまり自信が持てなくてコンプレックスでした。私は作り込んだ世界で規模の大きな写真を撮りたいと思ったので、お金もかかるし人もいる!写真もレタッチもめちゃめちゃ上手くなりたい!!規模の大きい撮影がしたい!!!アニーリーボヴィッツになりて〜と考えていたので、商業写真の業界に無知な自分でもわかるくらい有名な、アマナの採用試験を受けることにしました。

 

三つめの理由ですが、私は大学に8年も行っていましたが、割と周囲にはもっと歳上でも研究生活を続けている先輩たちが居ました。同級生も作家志望が多く殆ど就活をしないので、私も同様に日々調べ物をしたりレポートを書いたり制作をしたり、貧しくとも時間だけはある生活をしていました。ですがいい加減限度というものがある!親に心配もかけていたし、就職しないなら実家の稼業(農業機械の小売店)を継げというプレッシャーがあり、しかしどう考えても商売人が向いていない…のと一生家を守れるのか?という不安があって、いやこれはもう写真のテクニック学びつつ給料もらえて親にもわかるくらい名前が出てる会社で働くっきゃねえ〜!!ということでも、アマナがちょうどよかったわけです。

 

そして3年間アシスタントをして今プロのフォトグラファーになったわけなんですが、色々大変な思いもしました。ですが結局どうにか生活しなきゃいけないし、それなら自分の夢も叶えつつお金も稼げて続けられる道を!と思ったら、フォトグラファーという道を逸れる選択肢は自分の中には無かったので、踏ん張って続けられましたね。

まだまだスタート地点でこっからまた大変なことばかりなんですが、大学時代までに身につけた考え方と、会社入ってから身につけたテクニックで自信だけは持てたので、これからも頑張るぞ〜💪

ちなみに結構自分は奇特な人間だと思うので、同じことするのオススメはしません〜〜〜。休みも会社に来て作品やるような、なんか作ってないといられない人間で尚且つオタクなので、自分の楽しさ第一で生きてます。わかる!という方は話しかけてくださると喜びます。こんな感じで色々書いていきますので、よろしければ読者登録?して頂ければ😚

f:id:dulzin:20171023180147j:plain

//クラウドファンディング終了間近です!!\\

ウェブサイトリニューアルしました

唐突に(というかやっと)ウェブサイト

http://honamik.info

のリニューアルをしました。うおーーー皆見てくれ!!

まあ一枚ペラっと作っただけで、各リンク先の更新がまだ待っております。

というかこのブログも、週一書く!という大嘘をついて放置してました。

 

あとウェブまわりで新しくやりだしたことなどを

 

①SUZURIでグッズ販売はじめました。

suzuri.jp

そもそもは家田明歩さんがTシャツ作ってるのをツイッターで見て、

欲しい!って思ったんですが、そういや自分のブック(ポートフォリオ)のバッグも欲しいから自分の写真で作ったろ!ということでやりだしたらいっぱいできました。誰が買うのか?となるんですが買ってくれたら嬉しい。

私は今日家田さんの犬Tと自分のうさぎバッグを買いましたよ。

suzuri.jp

 

②インスタグラム、実はやってた

https://www.instagram.com/p/BD5aLc0ikEV/

tumblrにまとめてる作品たちを全部こっちにも移したいんですが、手作業あるのみ?#art #photography #honamikawaiworks #35mmfilm

 

やってましたがアプリでポチポチして作品を移行するのが面倒で途中で放置…近々でどうにかします。

 

③PHOTOPRESSOでフォトブックを販売…予定

wpb.imagegateway.net

Canonがやってるフォトプレッソというサービス、オンザマーケットにブックを登録すると欲しい人が購入できるみたいなので、面白そうだから試してみようと思ってます。来週中には編集したい。

 

④会社のサイトにリンクをはりました

amana-photographers.jp

広告などの仕事は所属会社にお願いします。

あと厳密にはもう一個こっちもある

acube

けど私のページというか全員の作品出てきて、フィルタかけて見てもらう仕様になってます。

問い合わせはこっちのが早いかも?

http://acube.jp/aboutus

 

大体以上です。

ここ暫くはプロモーション用の諸々を作ったり、コンペ応募したりを頑張ってます。6,7月はコンペの締め切りいっぱいあるので、作品もどんどん撮らないとですね。

刀削麺の話

ブログとかSNSとか、インターネットで自己表現するのがあまり得意ではないので、リハビリでブログをはじめました。

美大生→カメアシを経て、春から一応職業としてフォトグラファーになるということもあり、自分がこういうことが好きだとか、こういうことを考えているっていうのを、折角だから公開してやってくといいかなと思いました。

そもそも美大生の頃からずっとその必要性などを考えていたのですが、ケツが重い。

 

まず続けるのが大事なので、めちゃめちゃ軽い感じで好きなものを書いていこうかと。今回は刀削麺です。

f:id:dulzin:20170306021703j:image

最近ハマってる食べ物です。

元々ハマると同じものばっかり食べてしまうんですが、刀削麺は最近初めて食べました。

存在は知っていたんですが、テレビで麺を削る様子がショー的に紹介されていて、削ってるとこを見せてる店のイメージが強く、自分そういうのいいっすわw 的な感じで食べたことがなかったんですけども。

去年台湾に行ってからというもの、元々中国の文化が好きなのもあって中華圏に旅行したくなりました。それで中華料理を色々調べて、そういえば今まで食べたことないなと、シネマート新宿でネオンデーモンを観たあと食べました。

今まで何故食べなかったのか公開する美味さ。

辛いものとうどんが好きなので間違いなかった。パクチーも好き。今年は刀削麺の食べ歩きをする!!

西新宿 シーアン

大井町

三田 西安刀削麺酒楼

今の所三カ所行きました。全部麻辣ですが、今の所初めて食べた西新宿のシーアンが一番美味しかったです。

今後も刀削麺をdigっていきたい。あとちゃんとブログ更新したい。頑張ります。映画の感想などが多い予定。